TOPページ > パワーアップ会議から > ダイバーシティ社会の実現

vol.15


日本女子大学人間社会学部教授

大沢 真知子

南イリノイ大学経済学部博士課程修了。Ph. D(経済学)。ミシガン大学ディアボーン校助教授、亜細亜大学助教授・教授を経て現職。専門は労働経済学。近著書は『女性はなぜ活躍できないのか』(東洋経済新報社、2015a)『なぜ女性は仕事を辞めるのか』共編著(青弓社、2015b)内閣府「仕事と生活の調和連携推進評価部会」委員。東京都女性活躍推進会議専門委員。


「忍者がいまに伝えるもの」

 8月の終わりから9月にかけてリスボンとロンドンに出張した。一番の収穫は、同じ世代の大学に勤務する女性研究者の本音が聞けたことだ。日本にいると、海外では解決済みの問題を日本では未だに解決できずに働く女性たちが生きづらさを感じているように思う。私も、ワークライフバランスや仕事と家庭の両立といった問題は、先進国で働く女性たちにとっては過去の問題だと思っていた。
 しかし、実際には、支援は手薄で労働は強化され、働く女性がみな悩んでいる問題であった。また、若い世代では研究の分野でも期間の定めのある契約のもとで働いている人が増えていた。グローバル化にともなう競争社会の中で、勝者なき戦いに巻き込まれているのだ。
 その中で競争に巻き込まれずに企業が存続し続けていくためには他社にはないものを生み出していくしかない。そして、そのためには、多様性を重視した経営を行う必要がある。
 ここまでは経営学の教科書に書いてある話である。しかし、ダイバーシティの考え方が忍者に求められる資質と共通しているとは知らなかった。
 ロンドンに着いた日に、三重大学の山田雄司先生の「忍者とは何じゃ」という講演を聞く機会があった。忍者といえば、黒装束に身を隠して敵の陣地に行き、手裏剣を使って敵を撃退する特殊な能力を備えた特別の存在だと思っていた。しかし、山田先生によると、忍者は、戦国時代に忍びと呼ばれ、主な任務は諜報活動。情報源が多様であるほど情報の質は高くなる。そのために高いコミュニケーション能力を備える必要があり、優れた忍びになるためには、「我を知るべし」という教えが文書に残されているのだそうである。
 それを聞いて気がついた。それって管理職のダイバーシティ研修で聞いた話と同じだ。






diversity一覧

下駄を履くのはアンフェアか

元多数国間投資保証機関(MIGA)長官
小林いずみ

2016.06.22

女性が世界の政治を変える?

G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長
橘・フクシマ・咲江

2016.07.21

お互い様が好き

日本労働組合総連合会 副会長/JAM 副会長
芳野友子

2016.08.24

その価値がある

SAPジャパン人事本部常務執行役員人事本部長
アキレス 美知子

2016.09.21

女性の活躍推進のためには過去の検証が重要

労務管理教育センター理事長
君嶋 護男

2016.10.19

「会社人間」より「社会人間」

NHK放送文化研究所 メディア研究部副部長/NHK解説委員
後藤 知恵

2016.11.16

女子力と壁

NTTコミュニケーションズ株式会社
常勤監査役
小林 洋子

2017.1.18

〜「働き方改革」の潮流〜

第一生命保険株式会社
取締役常務執行役員人事部長
武富 正夫

2017.2.15

ダイバーシティ推進にあたっての3つの視点

カゴメ株式会社
執行役員 経営企画本部人事部長
有沢 正人

2017.3.29

「無意識の偏見」を乗り越える

アパショナータ,Inc
代表&コンサルタント
パク・スックチャ

2017.4.19

「働き方改革」が本当に意味するものとは?

有限会社キュー
代表取締役 ダイバーシティコンサルタント・キャリアコンサルタント
植田 寿乃

2017.5.18

意識変化、取り組み積極的に

中央大学
経済学教授
阿部 正浩

2017.6.21

時間の使い方を考えることは、人生について考えること

国際ジャーナリスト・エッセイスト
ドラ・トーザン

2017.7.20

上司が活躍女性像の提示を

ブラマンテ 代表
田島 弓子

2017.8.30

忍者がいまに伝えるもの

日本女子大学人間社会学部教授
大沢 真知子

2017.9.21

競争力強化としてのダイバーシティ確保

首都大学東京大学院 社会科学研究科経営学専攻 教授
首都大学東京都市教養学部経営学系 教授
松田 千恵子

2017.10.19

バックナンバーはこちら