TOPページ > パワーアップ会議から > ダイバーシティ社会の実現

vol.12

中央大学経済学部教授
ワークライフバランス推進会議委員

阿部 正浩

1966年福島県いわき市生まれ。 慶應義塾大学商学部卒業後、同大学大学院商学研究科博士課程単位取得中退。労働経済学、計量経済学専攻。主な著書は、第49回日経経済図書文化賞、第29回労働関係図書優秀賞を受賞した『日本経済の環境変化と労働市場』(東洋経済新報社)。現在、 厚生労働省労働政策審議会委員、内閣府仕事と生活の調和連携推進・評価部会委員、経済産業省新・ダイバーシティ経営企業100選運営委員会委員、日本生産性本部ワークライフバランス推進会議推進委員などを兼務。


「意識変化、取り組み積極的に」

 20年前、30年前の状況を知る一人としては、今の状況には隔世の感がある。
 ここ2〜3年で、ワークライフバランスやダイバーシティに対する企業の取り組みが、大きく変化してきたからだ。それまで積極的に取り組んできたのは、女性を多数活用する大企業など一部の企業だけだった。多くの企業は、次世代法が施行されたし、世間的にも女性の採用をしておいたほうが良いといった、仕方なくやっている面が強かったように思う。
 2006年頃だったと思うが、ある企業の人事担当者が私を訪ねてきた。当時、少子化とは言っても大卒者数はまだ増加傾向にあったが、男性採用が徐々に難しくなっていた。その担当者は、男性採用が難しいので女性採用を増やそうと思うけれど、女性に辞められるのが心配だ、と言う。各種制度はあるけれど、職場の意識は低く、経営陣も本当のところは女性活用を望んでいるわけではないのだ、とその人は嘆いていた。立派な制度はあるけど運用ができない、多くの企業はこんな調子だった。
 ところが、最近は経営者も職場全体も意識が変わって、積極的に取り組む企業が増えた。特に地方の中小企業では、自社の身の丈にあった独特の制度を整備し、上手く運用する企業が増えたように感じる。深刻な人手不足に直面していることもあり、取り組みに対する真剣さがこれまでとは違う。日本生産性本部のワークライフバランス推進会議が実施した、昨年度の「第9回ワークライフバランス大賞」を受賞した企業もそうした企業だ。自社の状況を分析し、本当に必要な制度だけを組織に根付かせる。その結果、従業員の満足度も高まり、生産性も上がるという好循環に乗っている。多くの企業が好循環に乗れるよう、我々も手助けが出来れば嬉しいと思っている。
 





diversity一覧

下駄を履くのはアンフェアか

元多数国間投資保証機関(MIGA)長官
小林いずみ

2016.06.22

女性が世界の政治を変える?

G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長
橘・フクシマ・咲江

2016.07.21

お互い様が好き

日本労働組合総連合会 副会長/JAM 副会長
芳野友子

2016.08.24

その価値がある

SAPジャパン人事本部常務執行役員人事本部長
アキレス 美知子

2016.09.21

女性の活躍推進のためには過去の検証が重要

労務管理教育センター理事長
君嶋 護男

2016.10.19

「会社人間」より「社会人間」

NHK放送文化研究所 メディア研究部副部長/NHK解説委員
後藤 知恵

2016.11.16

女子力と壁

NTTコミュニケーションズ株式会社
常勤監査役
小林 洋子

2017.1.18

〜「働き方改革」の潮流〜

第一生命保険株式会社
取締役常務執行役員人事部長
武富 正夫

2017.2.15

ダイバーシティ推進にあたっての3つの視点

カゴメ株式会社
執行役員 経営企画本部人事部長
有沢 正人

2017.3.29

「無意識の偏見」を乗り越える

アパショナータ,Inc
代表&コンサルタント
パク・スックチャ

2017.4.19

「働き方改革」が本当に意味するものとは?

有限会社キュー
代表取締役 ダイバーシティコンサルタント・キャリアコンサルタント
植田 寿乃

2017.5.18

意識変化、取り組み積極的に

中央大学
経済学教授
阿部 正浩

2017.6.21

時間の使い方を考えることは、人生について考えること

国際ジャーナリスト・エッセイスト
ドラ・トーザン

2017.7.20

上司が活躍女性像の提示を

ブラマンテ 代表
田島 弓子

2017.8.30

忍者がいまに伝えるもの

日本女子大学人間社会学部教授
大沢 真知子

2017.9.21

競争力強化としてのダイバーシティ確保

首都大学東京大学院 社会科学研究科経営学専攻 教授
首都大学東京都市教養学部経営学系 教授
松田 千恵子

2017.10.19

「今のままでいい」は本当か

ジャーナリスト・元日本経済新聞論説・編集委員
岩田 三代

2017.11.22

バックナンバーはこちら