TOPページ > パワーアップ会議から > ダイバーシティ社会の実現

vol.8

第一生命保険株式会社 取締役常務執行役員人事部 
ワーキングウーマン・パワーアップ会議 推進委員

武富 正夫

1986年第一生命保険相互会社入社。2012年第一生命保険株式会社執行役員。2013年4月執行役員人事部長。2015年4月常務執行役員人事部長。2016年10月取締役常務執行役員人事部長。


〜「働き方改革」の潮流〜

 いま、「働き方改革」が大きな潮流となっている。
 政府では、安倍首相を議長とする働き方改革会議で議論が進められているが、人口減少時代を好機と捉え、成長戦略の柱として国を挙げて取り組むべき重要テーマである。
 いま、なぜ「働き方改革」なのか。
 過去、昭和の時代は大量生産大量消費時代で、トップダウン型の経営により、社員が指示に従い多くの商品を作り・売ることが企業業績を上げる近道だった。
 一方、現在はインターネットの普及・グローバル化の進展により多様化が進み、個々のニーズに合わせた商品・サービス展開が必要となり、ボトムアップでイノベーションを起こしていくことが求められている。
 そのためには、社員が職場以外の環境で、発想を豊かにできる経験や自己啓発の時間を作っていくことも必要となる。
 「働き方改革」のその先にあるゴールは、生産性の飛躍的向上である。そのためにも、「大胆な割り切り」や「過度な慮りの克服」といった意識改革に始まり、一人ひとりのタイムマネジメントを高め、在宅勤務を含めたスマートワークの推進に加え、最新のAI・ロボティクス技術等を積極的に取り入れることも考える必要がある。人はヒトにしかできないおもてなしや付加価値の高い仕事に特化していくという視点も重要となろう。
 最近、就活学生の「会社選びのポイント」には、「ワーク・ライフ・バランス」が上位に入っており、採用活動での重要な視点の一つとなっているとともに、「働き方改革」の成功は女性活躍推進をさらに後押しする大きな力ともなる。取組みは始まったばかりだが、柔軟で力強くイノベーティブな職場作りの実現を目指していきたい。

diversity一覧

下駄を履くのはアンフェアか

元多数国間投資保証機関(MIGA)長官
小林いずみ

2016.06.22

女性が世界の政治を変える?

G&S Global Advisors Inc. 代表取締役社長
橘・フクシマ・咲江

2016.07.21

お互い様が好き

日本労働組合総連合会 副会長/JAM 副会長
芳野友子

2016.08.24

その価値がある

SAPジャパン人事本部常務執行役員人事本部長
アキレス 美知子

2016.09.21

女性の活躍推進のためには過去の検証が重要

労務管理教育センター理事長
君嶋 護男

2016.10.19

「会社人間」より「社会人間」

NHK放送文化研究所 メディア研究部副部長/NHK解説委員
後藤 知恵

2016.11.16

女子力と壁

NTTコミュニケーションズ株式会社
常勤監査役
小林 洋子

2017.1.18

〜「働き方改革」の潮流〜

第一生命保険株式会社
取締役常務執行役員人事部長
武富 正夫

2017.2.15

ダイバーシティ推進にあたっての3つの視点

カゴメ株式会社
執行役員 経営企画本部人事部長
有沢 正人

2017.3.29

「無意識の偏見」を乗り越える

アパショナータ,Inc
代表&コンサルタント
パク・スックチャ

2017.4.19

「働き方改革」が本当に意味するものとは?

有限会社キュー
代表取締役 ダイバーシティコンサルタント・キャリアコンサルタント
植田 寿乃

2017.5.18

意識変化、取り組み積極的に

中央大学
経済学教授
阿部 正浩

2017.6.21

時間の使い方を考えることは、人生について考えること

国際ジャーナリスト・エッセイスト
ドラ・トーザン

2017.7.20

上司が活躍女性像の提示を

ブラマンテ 代表
田島 弓子

2017.8.30

忍者がいまに伝えるもの

日本女子大学人間社会学部教授
大沢 真知子

2017.9.21

競争力強化としてのダイバーシティ確保

首都大学東京大学院 社会科学研究科経営学専攻 教授
首都大学東京都市教養学部経営学系 教授
松田 千恵子

2017.10.19

「今のままでいい」は本当か

ジャーナリスト・元日本経済新聞論説・編集委員
岩田 三代

2017.11.22

バックナンバーはこちら